今月のひとこと

 

あなたは、夫を上げたい?それとも下げたい?

 

 

ダンナさんが、今よりもっと稼いでくれたらうれしいな

 

これは、世の奥様の願いではないでしょうか。

 

この世界は、100%自分原因ですから、自分が中心の世界。

あなたが監督であり主役なので、脇役の「夫」を、

デキル男、稼ぐ男、と設定してしまえば、いいんですよね。

で、ここに立ちはだかるのが、過去の怒り

あの時、こうしてくれなかった。

もっと、こうしてほしかった

という悲鳴のような思い。

子供が誕生すると、お母さんは待ったなし!で家事育児に入ります。

これで仕事もしていたら、家事育児にかける時間が

その分短くなりますから、自分の時間なんて、

なかなか取れませんよね。
 

ダンナさんに本当はもっと手伝ってほしいのに、

残業で遅く帰ってきたり、時には飲みに行かれたりすると

「なによ!自分ばかりずるい!」と、かなり腹が立ちます。

ちなみに私は、夫がべランダでツメを切るのを見て

「なによ!のん気に日光浴しながら、

のんびり爪なんて切ちゃってさ!」と、腹を立てていました

ダンナさんを、もっとデキル人にしたかったら

この思い出し怒りを、それ以上増幅させないようにしたい。

「手伝ってくれない、ダメな夫」としている間は、

あなたが監督なのですから、

彼はずっと「ダメな夫」を演じ続けます。
 

でも、分かっちゃいるけど怒りがおさまらない、

というのも、よく分かります。私もそうでしたから。

いつ、この怒りから解放されたのかな?と、

考えてみると、「kindle出版してからだったかも」

と、思い当たりました。

昨年、10年以上書いているアメブロをまとめてkindle出版したんです。
 

本の原稿にするので一か月以上かけて何度も読みました。

何度も読んでいるうち、客観的に

「この人(私)本当によくやってきたな~」と、思ったんです(笑)

大変だったんだー-!!!とか、

あんたのせいで、こんな風になったんだー

と、夫に向けていた怒りが

「よくやってきたね~あの頃のあなた(私)のおかげで、

今幸せよ。ありがとう」と、自分への感謝の気持ちに

変化したのかもしれません。

これまでの自分のことを、

ようやく、心から認めることができました。

だからと言って「出版しようよ!」というのではありませんのでご安心を。
 

ダンナさんに、大変さを分かって欲しかったあなたが、

言ってほしかった言葉はなんでしょうか。

「よくやってきたね、本当にありがとう」

「君のおかげで、今幸せだよ。」


私の場合は、この言葉でした。

自分に向けて言った言葉です。

自分のやってきたことを、心から認めて、ねぎらって、感謝してほしいなって思います。

 

あと、思い出し怒りをしたい人は

・疲れていたり

・やりたいことを我慢していたり

・自分以外のひとを優先していたり

・やることを際限なく増やしていたり

・世間の常識にとらわれていたり

していないか、チェックしてみてね。

思い当たるところがあったら、そこから改善していこう。


怒る思考が、悪いというわけでないんですけど、

怒っている間は過去に生きているんですね。

今、というときしかないのに、

今 を 過去の感情で満たしているのはもったいない。

もう、頼りない夫じゃなくて、頼りがいのある、イケてる夫にしたいのなら

下へ向かうエスカレーターから

上へ向かうエスカレーターに

乗り換えればいいんです。

そのくらい気軽に、簡単に。

うちの夫はデキル人!

カッコいい男!


言葉に感情を込めなくても、

棒読みでもいいから、そう思うことにする(笑)

根深い怒り、絡まった思考、というのも思い込み。

言葉の力を使って、楽~にあげまんになっちゃおう!